ぱぐぶろぐ

我が家の爆走族3頭のパグとの楽しい毎日と管理人の独りごとです。

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り返って・・・

今回は腎不全って言う考えてもいなかった病気に
ペコを連れていかれそうになった。

ペコは数年前から腰の神経異常で立てなくなってしまいました。
ヘルニアとはまた別なようです。
でも、麻痺しているわけではなく触ると嫌がったり引っ込めたりするので
感覚はあるんです。
先生曰く、痛みではなく、たぶん痺れている状態みたいで。
マグの時は老化による変形性脊椎症でこれまたペコとは違い。
マグと共に2頭の介護生活でした。

お尻をつけっぱなしなので、おしっこがでたらすぐに取り換えたり、
おしっこの量や色、そして臭い、飲むお水の量など、
オスよりメスの方が膀胱炎になりやすいので
特に注意していたつもりでしたが、
突然の腎不全との事でものすごい衝撃でした。

ただいつもおしっこの事を気にかけてきた分、
7/21の朝、おしっこが出ていないという状況に気付けたのかなとも。
もしあの日、もう1つの病院にかかっていなかったら、
正直、ペコは助からなかったと思う。
たった1日だけども、すぐ違う病院へ行った事が
分かれ道だったのかもしれない。。。
たかちゃんも、いいアシストをしていただいたおかげと言っています。

あの顔つきのかわってしまったペコの顔を思い出す度、
申し訳ない事をしてしまったな・・・と辛くなる。
腎臓機能は元には戻らないので、
いまある機能状態を保つため、私達はより一層
気をつけていかなければいけないと思います。

たぶん、今回は慢性ではなく急性腎不全だったんじゃないかな。
正直、数日は半分・・・きっとそれ以上の諦め、
そして残りの諦めない気持ちだった。
1週間毎日待ち時間がないように、
朝一番で病院へ行き点滴をしに行って本当に良かった。
日々、
今日は1度吠えてペコの声が聞けた!
今日はご飯が少し食べられた!
今日は元の可愛いペコの顔に戻っている!
など日々変わる変化に
もしかして良くなっているんじゃないか?と
諦めよりも諦めない気持ちの方が強くなっていきました。

あの日からネットで腎不全についてたくさん、たくさん調べたけど、
あまり良い事は書いていなかったりして気持ちがより落ち込んだり。
でも今回は先生も驚くほどの回復ぶりで
私達にしてみたら奇跡に感じています。

今はいつものうるさく可愛いギャングペコに。
ご飯の量も日々増えて通常に。
あとは体重がもう少し戻ればいいんだけど、
きちんと完食しているので大丈夫かな。。。
これからは処方食とお薬で、今の腎臓機能を
私達がより日々気をつけて守ってあげないと。。。

春先にはおつゆが危なく今年の誕生日は・・・・って状態から
何が原因か分からないけど突然の生還。
そして今回はペコが危篤となり、そして奇跡の回復で
先生と私達をとても驚かせ、
本当におつゆとペコの生命力に驚いています。
もしかしたら、今年は2人とも見送らなければ
ならなかったかもしれなかった。。。
どちらの時も、マグにまだ連れて行かないで・・・って
お願いしていたから聞いてくれたのかな。。。
マグにまだ早い!って追い返されたのかも・・・

今回のペコは本当に稀なケースなのかもしれません。
でもこういう奇跡もあるんだよ!って事をお伝えしたかった。

今は、普通にご飯を食べ、ワンワンっ吠えて、スヤスヤ眠って・・・
そんな普通の毎日がとても幸せにより感じています。

若い子もシニアの子も日々の少しの変化でも
どうぞ、気にかけてあげてください。

そしてペコ・・・
私達の元へ戻ってきてくれて
本当にありがとう。。。
スポンサーサイト

1週間後・・・

8/4(木)

今日は1週間後の病院へ。。。

本日の体重は5.3kg。
先週より100g増えた!
もう少し増えてるかな?と思っていたけれど、
1週間で急激に太ってもダメだし、
今は可哀想だけどおやつもあげていないので
増えてるだけ上出来。
今日は2週間分の薬をいただき、
これで何もなければ次はお盆休み明け。

あわせて、腎臓用療法食の3kgも注文。
ネットで色々見ると腎臓用療法食は
各社色々あるけど、あまり美味しくないらしいというのが多かった。
今、ペコが食べているのはドクターズケアのキドニーケア。
ロイカナやヒルズはみんな粒が大きく
こちらはかなり小粒で食べやすそうでギトギトしていない。
日本製でもあるので安心かな・・・と。
それより何より、ペコががっつきながら食べてくれているので
ほっとしています。
先日の1kgがもうすぐなくなりそうだけど、
我が家直送で明日届くので大丈夫そう。

7/21からの怒涛の1週間。
その後の1週間も無事にすみ、
やっと気持ち的にも落ち着けた。
何より、いつもの正常な1日1日が過ごせることに
今はとても幸せを感じています。

8日目・・・

7/28(木)

今朝も一番で病院へ。。。

今日の体重は5.2kg・・・
初日は4.7kgまで痩せてしまっていたから
少しほっとした。。。
今日は血液検査をしてみようと言う事で、
しばし待合室で待つ・・・
再度呼ばれて先生を待っていると、
看護師さんが『下がってるよ!』って(゚△゚;)え?
どの位下がっているか分からないし、
あの最悪な数値を考えれば、
半分くらいでも下がっていればいいな・・・と思っていた。
先生が来て結果を見て・・・・・・・・・
笑いながら
『正常値になってるよ!』って∑('◇'*)エェッ!?
笑いながらというのは可笑しくてじゃなく、
ビックリしすぎてふふふ・・・みたいな。。。

最初の腎臓の数値が
BUN >140 (9.2~29.2)
クレアチニン 3.3 (0.4~1.4)

だったのが、
この日の検査では、

BUN 17 (9.2~29.2)
クレアチニン 0.7 (0.4~1.4)

もうビックリの一言で
一番ビックリしていたのは先生だと思います。
良くなる可能性は少なからずあるとは言っていたけれど、
やはりこういう結果は想像していなかったんじゃないかなと。
本当に奇跡というか、ペコの生命力、すごいです。

この後は、1週間分の飲み薬と腎臓用療法食で日々様子見です。

本当に・・・本当に・・・嬉しかった・・・

7日目・・・

7/27(水)

今日は病院はお休みの日・・・
なので今朝は私達がペコの点滴を。

ソルラクト輸液と別にお薬の小瓶が3つ。
冷蔵庫から取り出し、
まずは輸液を湯煎して温める。
でも暖め過ぎると熱いし、ちょっぴりでも
だんだんと冷えていってしまうので
ちょっぴり熱いくらいがいいと先生が言っていた。
注射器で小瓶からそれぞれお薬を取り出し、
輸液に注入してクチャクチャと混ぜて・・・
少しだけチューブ内の液体を流し出して
いよいよ注射針をペコの背中に。
皮膚をつまんでそこへプスっ。
1回で成功して液体を落とします。
通りが悪いと落ちる速度も遅くなってしまうんだけど、
そんなこともなく順調に・・・
結構、早めの速度だし輸液の量もそれほどではないので
そんなに時間はかかりません。
私が立って輸液を持ち終了するのを待ちます。
無事に終了してアルコール綿でモミモミして終了。

今日は朝昼晩と腎臓療法食を20gずつあげることに。
プラス大好きな栄養食の液体もあげてスペシャルコース。
毎回、全部食べてくれました。
午前中には昨日、病院で頼んだ同じ療法食も届いたので
明日からの分も確保できた。
明日もとりあえずは60gかな。
明後日はまた少し量を増やしてって感じでやってみます。

今日もペコはよく吠えた。
お腹がまだ空いてたりするのもあるんだろうけど、
もしかしたら?ってたかちゃんと話して
すっごくそばに移動させたら大人しくなった。
具合が悪くなってからはかなりそばに移動してお世話したりしてたんだけど、
それじゃ嫌だったんだね。。。
今はたかちゃんの横でグッスリ安心して眠ってる。
今日からはまた一緒に寝る事にします。

5~6日目・・・

7/25~26(月・火)

たぶんこれは6日目、火曜日だと思います。
記憶がないのですが、月曜日は抜けてしまったかも・・・

今朝も点滴をしに病院へ。

急に食べさすのも怖かったので
20粒だったフードも、先生のアドバイスも受け
少しずつ増やして今日は20gずつ2回に分けてあげてみることに。
輸液も他のお薬を入れる為の物になってきたので、
もう少ししたら、点滴から飲み薬へ、
そして腎臓処方食で様子見になりそうです。
サンプルでいただいた1つが粒も小さく、
ペコがとても良く食べるのでとりあえず、
1kgお願いしてきました。
在庫がないので直送で明日、我が家に届きます。
そして栄養食パックもペコお気に入りなので
5個いただいてきた。

そして明日は病院がお休みなので、
自宅で輸液&お薬の点滴をしなければなりません。
先生から一から教えてもらって点滴セットをいただいてきました。

帰ってきてから早速、栄養食とフードを20gあげると
ペロリとたいらげた。
それからが大変。
お腹がすいているんだと思うんだけど、
吠えて吠えて・・・
でも急にたくさんあげるわけにもいかず心を鬼にして
お水を飲ませたり・・・
夜になっても吠えるので早めにTVも消して
しばらくしたらペコは疲れたのか寝てしまった。

お腹に手をあてるとグルグルといっているので
腸はちゃんと動いていそう。
しっかりと食事をしていないから
ちゃんとしたウ○コさんがまだ出ていないので、
下痢したりしないかちょっと心配。

明日はフード20gを朝・昼・晩で60gにする予定。
栄養食・dakaraのスペシャルメニューで。
それでもいつもよりは少し少ないんだけどね。

ねえ、ペコ・・・
これって元気になってる証拠って思ってもいいんだよね?

4日目・・・

7/24(日)

今日も朝一から点滴を受けに病院へ。
昨日の発作はあれからなく、3時過ぎまで起きていたけど
眠っていたみたい。

先生に昨日の状況を話し、
ペコの状態を見ていて、今すぐにどうかなる感じはしないとの事。
やっぱり酷い子は何も飲まず、何も食べられずの状態だけれど、
ペコは食べられないけど、お水は飲むし、ヨーグルトも少し食べる。
今日は家で食べさせてみてと
APPEという栄養補完食を3個持って帰ってきた。
30g1袋の液体なんだけれど、食べられるなら3つ食べても良いとのこと。

帰ってきて、とりあえず食べるかどうかも分からないので
少しだけだしてシリンジであげてみた。
食べた!っていうか飲んだ!
残りの分を全部出してシリンジであげると、
よっぽど美味しいのか、シリンジに噛みつきながら飲んでる!
その姿を見てなんだかとっても嬉しくなった。。。
あっという間に完食して、足りないみたい。
dakaraも量を計って今日はあげたけど、やっぱり好きみたい。
昨日はやっぱり飲みすぎちゃったみたいだね。

今日は少しまた元気になったみたいでよく吠える。
きっとお腹が空いたっていう要求だと思う。
今日はヨーグルトを少し食べ、りんごジュースも少し飲み、
昨日は見向きもしなかったハーゲンダッツのアイスクリームも少し食べ、
身体が冷えるのでほんの少しでストップ。
それでも腹が空いたというので、試しに病院からいただいた
腎臓療法食のサンプルをあげてみたら
ビックリな事に食べる。。。
でも今まで食べていなかったから、10粒で終了。
しばらくしてまた吠えるので療法食を10粒完食。
もう、これには本当に嬉しい驚き。。。

今日になってペコの顔が普通に戻った。
昨日まではまだ具合が悪いせいか目もうつろでペコの顔ではなかった。
今日はいつものお目目ぱっちりの可愛い顔に。

脱水症状から目が乾くんだろうけど
目やにも酷かったのがほどんど出なくなってきた。

ねえ、ペコ・・・
少しずつ良くなってるんだよね?
もしかしてこのまま治っちゃうんじゃないかな?
覚悟を決めたはずだけど、やっぱり期待しちゃうよ。。。

3日目・・・

7/23(土)

今朝も朝一番で点滴を打ちに行ってきました。

めっきり痩せてしまったペコ。
6.4キロ位あった体重が4.8キロに。。。
お水を500ml以上とヨーグルトをスプーンに6~7杯位
食べた事を話すと先生は驚いていた。
あの数値では飲むことも食べることも難しいとのこと。

昨日少し低かった体温も38.7℃と平熱に。
ポカリを飲ませていいか聞くとOK。
とにかく今は飲める物、食べる物、何でもいいと。
先生のアドバイスで、今のペコはカリウムが足りないので、
カラダdakaraがいいよと教えてくれた。

一昨日からは買い物は全てたかちゃんが行ってくれていて、
今日も病院から戻って、dakaraを探しに行ってくれた。
でも、dakaraってどこを探しても売ってないの。
今はグリーンdakaraを置いている所が多くって・・・
それでもグリーンdakaraを買ってきてくれた。
もしかしたら飲まないかも・・・と先生は言っていたけれど、
シリンジで試しに飲ませてみると美味しいらしくって
飲む飲む~って。。。
結構、飲んでくれました。
ヨーグルトも少し食べてくれた。

グリーンdakaraと普通のdakaraでは成分や含有量が違うので、
dakara・グリーンdakara・ポカリ・アクエリアスの成分表を
先生にみてもらいどれがいいか聞いてみた。
ポカリがいいみたい。
でも他のがダメって事ではなく・・・
カリウム値に関してもそれほどたくさん入っているわけではないので
お水を飲ませるよりはいいって事だそうです。。。

夕方からたまにビクンっ!って動くのに気付いた。
最初の病院で痙攣発作が出たらと座薬を渡してくれていたんだけど、
これが痙攣?って感じで。。。
しばらくすると身体を左右によじって動かすようになり、
病院に電話をして再度、行ってきた。
病院へ着くと、その症状は止まっていたので、
たかちゃんがタブレットで録画していたのを先生に診てもらうと
尿毒症による発作かdakaraを一気に飲み過ぎによる吐き気の
2つが考えられるけど、判断が難しい所だと・・・
発作だとそれほど長い時間ではないみたいで。。。
吐き気止めの注射をしてもらって帰宅。

8時過ぎからまた発作が始まった。
今度はペコもワンワンって吠える時もあり・・・
たぶん、一番ひどい時にあたったら吠えてるみたいで、
辛いんだろうな・・・
40分位続いた。
9時過ぎには落ち着いたのか、ペコも眠りについた。
これが何なのか、分かんないけれど、
それ以降は落ち着いて寝てくれている。

明日の朝、また点滴に行くので先生に話さなくちゃ・・・
今日は夕方のビクンっ!ってのがなければ、
昼間にも久々にペコのワンワンっ!って声が聞けて
嬉しかったな。。。
たかちゃんとも話してたんだけど、
なんだか一昨日より昨日、
そして昨日より今日と少しずつ良くなってるような気がするねって。

ねえ、ペコ・・・
私達の勘違いなのかな?
勘違いじゃないよね?

やっと夜が明け・・・

7/22(金)

なかなか寝付けず3時過ぎに寝てやっと朝。
とっても長い夜に感じた。。。

いつもの病院に早めに到着し、事情を話して
昨日いただいた検査結果の紙を渡して先生を待った。
その間に、友人が心配して駆けつけてくれて
本当にありがたかった。。。

先生の発した『危篤』の一言にすごいショックを受けた。
昨日もたかちゃんには覚悟はしておきなさいって言われていたし、
昨日の検査結果がとても悪い事は分かっていたし、
覚悟はしていた。。。
体温も37℃後半・・・低い。
『早い?』と聞くと先生はうなづいた。
覚悟はしていたけど、やっぱりどこかで元気になるかも!って
期待があったんだと思う・・・
っていうかやっぱり元気になってほしいに決まってる。。。

点滴を数本打たれている間、
ペコが怖くないように黙ってペコの顔を見ながら
身体をさわってあげたり、顔を撫でてあげたりしてあげてるうちに
ダメだ・・・
涙が溢れそうになり、その場を離れて病院の外に出た。
こらえきれず1人で泣いた。。。
頭では分かっていてもやっぱり気持ちがついていかない。。。
友人も外に出てきて隣に座ってくれて、なお一層泣けた。。。
でもこれじゃいけないと思い、またペコのそばに戻った。

診断はやっぱり腎不全で尿毒症。
分かってはいたけど・・・
人間と同じで沈黙の臓器だから症状が出た時は遅い。
だからこそもっと早くに気づいてやれなかったのか。。。
数日前から食欲がなくなってきた時に病院に行けばよかった。
色々な場面でこうしておけばよかったのか。。。って
後悔とペコ、本当にごめんね。。。って事ばかり。。。
自分を責めてもしょうがないけど、責めている自分。。。

帰ってきてから・・・
やはり食べ物は口にしない。。。
でもお水だけはたくさん飲んでくれている。
昨日で500ml以上は飲んでいる。
あれだけ出なかったオシッコも出てくれている。

ねえ、ペコ・・・
このまま元気になってくれないかな?
先生の言葉を覆してくれないかな?

眠れない夜・・・

7/21(木)

ペコの調子が悪くて心配で眠れない・・・

数日前から膿尿が出ていて、数日前からフードも食べなくなり、
でもささみや砂肝などは食べていた。
膀胱炎かな・・・と思い、連休中だったので、
病院が連休明けの金曜日に病院に連れて行こうと思っていた。
でも今朝になって、夜からおしっこが出ていない。。。
いつも朝にはどっぷりする子が・・・

本当なら朝一で病院へ連れて行くんだけど、
あいにく月に一度の第3木曜日のお休み。
でも元気もなく、息も荒くなってきたので
もう1つの病院へ行ってきた。
マグ・つゆは以前にかかったことはあるけど、
ペコは初めてなので、違う病院に通っている事などもすべて話した。
血液検査、尿検査をしてもらい、
今までの状態が分からないので、はっきりとは言えないけれど、
今まで腎臓に異常がないのであれば、急性腎不全が最も疑わしいとのこと。

腎臓の数値が
BUN >140 (9.2~29.2)
クレアチニン 3.3 (0.4~1.4)
BUNに関しては140までしか計れないので振り切っているとのこと。
カッコ内は正常値なのでどれだけ悪いかは私でも分かりました。

腎臓機能が働かないので、おしっこが作れない。
その為、外に出て行くべき老廃物が体に残り、
毒となって体中に回ってしまう。
ホルモンの分泌も出来ないので、血液が作れない。

ペコは脱水・貧血もあり、その症状だった。
先生からの指摘で眼振みたいなものもあり、
たぶん、尿毒症で目が回っている状態だと。。。

とにかく皮下点滴と抗生剤の注射を2本打っていただき、
膀胱の中を洗浄しようと頑張ってくれたのですが、
オスよりメスの子は難しいようで断念。

検査結果の紙の裏に疑わしい病名や、注射・抗生剤の種類を書いてくれて、
明日、いつもの病院へ行ってこれを先生に渡してくださいって。
変な意味ではなく、本来ならこのまま入院だけれども、
以前からの状態を知っているいつもの病院の方が良いだろうという
先生の気持ちです。
20時までやっているので、何かあったら連絡くださいって。
ずっと行っていなかった病院だったのでちょっと不安でしたが、
今、できうる限りの処置をしていただいたと思います。

戻ってからもペコはグッタリ元気もなく、
お水も少し飲むだけで・・・
下痢と膿尿を数回して、夕方位から、少しずつおしっこが出るようになり
ほんの少し安心。。。
とにかくおしっこを作って一緒に毒も外に出さないといけないので。
夜になって、具合が悪いせいかずっと眠れなかったペコも
やっと目を閉じていびきをかいて寝ました。
少し、状態が楽になってきたのかな・・・
今も眠ってくれている・・・

明日の朝にはいつもの病院へ行く予定だけど、
それまでがとてつもなく長く感じる。。。
もしかしたら、入院になるかも・・・と思ってます。

一番元気のいいペコがこんな状態だととってもへこむ・・・
またいつものうるさいくらいの元気なペコに戻って。。。
神さま・仏さま・キリストさま・全部の神さまにお願いします。。。

おかえり・・・

しばらくブログ書いてないな~と思ったら
先月1度も書いてなかった・・・

やっと落ち着いた日々が戻ってきたので
久々にブログを書きたいと思います。

実は7/21 木曜日から1週間、怒涛の日々を過ごしていました。

というのもペコが突然、危篤状態に。。。
あと1歩で三途の川を渡り切ろうとしたところで
こちらに戻ってきてくれました。

それから1週間は何処へも出かけず、
必ず、どちらかがペコの側にいるようにしていました。
そこからまた1週間経過し、だんだんと少しずつ出かけられるようになり。。。

あの日からものすごく、ネットで病気について調べまくりました。
どういう病気でどういう症状で、治療法など
説明しているサイトは多いんだけど、
やっぱり実際に闘病された子のブログもとても参考になりました。

私みたいな方にも、もしかしたら参考になるかも・・・
そして自分自身の為にも
21日からその日の事を書いておこうと
下書きしておいたものを綴ることにします。

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

★masumi★

Author:★masumi★
★マグナム 享年14歳
1999年12月1日生~2014年1月11日
★つゆ   享年14歳
2002年11月1日生~2017年5月30日
★ペコ 12歳
2005年2月2日生

☆本館
Winning Shot
http://www.winning-shot.jp/

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索

おすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。