FC2ブログ

ぱぐぶろぐ

我が家の爆走族3頭のパグとの楽しい毎日と管理人の独りごとです。

12月≪ 01月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『さよなら』じゃなく『またね』・・・

20140112-2.jpg
マグがいなくなって2日目・・・
マグはたくさんのお花に囲まれています。
素敵なお花やメッセージをいただき
本当にありがとうございます。
たかちゃん共々、感謝の気持ちでいっぱいです。

広いパグスペースにはつゆペコだけで
いつもの定位置にマグはいないと分かりつつ目がいってしまう。
書くのは辛いけれど、マグがどれだけ頑張ったのか
やっぱり書き残しておかないと・・・
長くなりますがお許しください。

マグはあっという間に逝ってしまいました。
1/2の夜から寒くもないのに
口を開けてハァハァとずっと息をしていて
気をつけて見ていたのですがマグは一睡も出来なかった。
本当なら次の日の朝に病院に連れて行くんだけれど、
あいにくお正月休みで4日からしか開かない。

3日はゼイゼイと湿った呼吸もしてたけど
落ち着くと眠る事が出来ていたので、
たかちゃんともしかしたらケンケンと同じく
心臓からくる肺水腫かもしれないね。。。って話してました。

4日は早めに病院に到着したけど
すでに3~4人待ちで待合室でもマグはゼイゼイ苦しそう。
他の方の診察をしていた先生がその呼吸を聞いていて、
心配して先に注射を打つねって。。。
マグの診察が始まると同時に友人夫妻も来院。
体重を計ると7.4キロ、ちょっと痩せたな~
検温を始めると大・小をしてしまい、
マグを見ていると舌の色がチアノーゼで真っ白。

先生が『呼吸困難で今、危ない!』って言われて、
先生のあんな慌てた姿は見たことなかったし、
私は頭が真っ白になると同時にボロボロ泣けてきてしまった。
だって、ケンケンの時みたいにきっと
利尿剤のお薬をもらって帰れるんだって思ってて
この場でマグが逝ってしまうなんてこれっぽっちも思ってなかったから・・・
そのまますぐに別室に行き酸素を吸わせる。
先に3本位打ってくれた注射がきいたのか
しばらくするとマグは寝てしまった。

原因はやはり肺水腫だけれど、
ケンケンの時とは違い、肺機能が低下によるもの。
12時近くまで酸素を送り、その間にも色々先生とも
今後について話し合いました。
今日・明日で・・・って事は充分ありえると。
きっとその時にマグは私達に『覚悟をしておきなさい』って
準備期間をくれたのかもしれない。。。
その時にも別の友人夫妻が来院。
2組の友人夫妻はとても心配してくれ本当にありがたかった反面、
逆に心配をかけてしまったな~って。。。

寝たままのマグを連れ帰り鎮静剤のおかげで夕方まで眠ったマグ。
薬が切れたんでしょうね、スイッチが入ったように
いつものマグに戻った。
ウェットの缶詰をあげるとなんとか1缶食べてくれました。
でもその夜もゼイゼイ苦しそうでなかなか眠れなさそう。
一緒に横になり、頭をず~っと撫でていると寝てくれる時間もあったので
朝方までがんばり、それからたかちゃんとバトンタッチ。
1/5日にはマグの大好きなおそばをゆでると
いつものように食べてたっけ。。。

1/6にたかちゃんが状態を伝えに病院へ行き、
利尿剤の飲み薬を処方していただいた。
1/7に呼吸も安定しているのでマグを連れて病院へ。
水も制限されていたし、食欲もなかったので体重はいっきに6.7キロ。
極端に水制限してもよくないので1回30ccを3時間おきに6回の指示。
食欲は全然なかったけれど、お水だけはやっぱり喜んで飲んでたな。

8日からは全く食事を受け付けず、流動食みたいな物を買ってきて
シリンジで根気良くあげるとしかたなくペロペロしている感じ。
それも1本2本がせいぜい。。。
少しでも栄養をと子犬用のミルクもあげてみたけど
みるみるうちに痩せていってしまったマグ。
もうきっと内臓も動きが悪かったんだろうなって思います。

それでもたまにゼイゼイする事はあっても呼吸はある程度落ち着いていた。
前日の1/10にはシリンジで4本も流動食を食べてくれて嬉しかった。
きっと最後にいっぱい食べていったんだろうね。
でもその夜、なんだか私はマグが気になって布団に入ったけど寝付けず、
朝方までマグの様子を見に行ったり・・・

1/11の7時前ちょっとゼイゼイしていて落ち着いた時に
マグは虹の橋へ旅立ってしまいました。
たかちゃんが言うんです。
その時にふ~っとケンケンの時と同じ匂いがしたって。
それがお知らせだったんでしょう。
朝方に寝てしまった私をその時に起こしてくれたんですが、
もうマグの心臓は動いていなかった。。。
聴診器で聞いたけどやっぱり動いていなかった。。。

ちょっとして義母に連絡をし、私の実家に電話をしたけど
父の声を聴いた瞬間に言葉にならず、たかちゃんに伝えてもらった。
火葬する前に寄ろうか?と聞いたが母が悲しむから来なくていいと。
とは言え、父もマグを可愛がっていたから自分だって悲しいんだよ。
昨日は父と母が我が家の家の前を通って『会いたいね~』って言ってたらしく、
それも虫の知らせだったんじゃないかな・・・

それからマグを送る準備を。
本当ならもう1日一緒に過ごしていたいけど、
マグの為にも早く旅立たせてあげたかった。
マグがまだまだ元気な頃、もしマグがいなくなった時、
お骨は持ち帰らず家にいるケンケンのお骨と一緒に
供養してもらおうか?とも話していた。
でも昨日の朝、たかちゃんにどうしたい?と聞かれ、
どうしたい?って言われたらやっぱり一緒に連れて帰りたいと・・・
火葬場へ電話してその旨を話し、2時半の予約を入れました。
まずは病院へ出向き先生・看護師さんへ報告とお礼を。
それからあらためて友人宅へ報告に。
友人の顔を見た瞬間、また涙がボロボロ・・・
それからマグの為のダンボールやお花をたくさん、マグの骨壷を買いに。
お花はマグカラーが黄色だな~ってずっと思っていたので、
カサブランカ・バラ・スイートピー・ガーベラ・
トルコききょう・カスミソウ
なんかを黄色やピンク・ちょっと白やオレンジな感じで。
ただ、たかちゃんと私がどうしてもこれは入れてあげたいってお花がなく
いつもの生花店へ・・・
たかちゃんが入れたかった真っ赤な大振りのバラと
私がどうしても入れたかった黄色のヒマワリがあって
それにカラーとかも加えて戻ってきました。

ちょっとダンボールの高さがあったのでたかちゃんが工作。
真新しいバスタオルをひき、マグが使っていた小さいブランケットをひいて
もう一枚で枕を作り寝かせてあげると縦も横もピッタリマグサイズ。
いつも使っていた大きめのブランケットをかけてあげた。
枕元にはたくさんのフードとおやつをいっぱい、
数日前マグ用に買った手付かずのおやつはそのまま封を切らずに
お手手の間に挟めてあげました。
あとはドッグショーで使っていたリードを。
そして、朝からこれは入れてあげようと思っていた
ドックショーのベストインショー『BIS』のロゼット。
マグが頑張って取ったロゼットだもの、どうしても持たせてあげたかった。
真ん中は金属なのでそれは取り外し、
たかちゃんが骨壷カバーにつけてあげた。
20140112-1.jpg
本当どこまでもカッコイイね♪マグマグ♪

義母を呼んで、根元で切ったお花を一緒に飾った。
お花いっぱいに囲まれたマグ。
本当に眠っているようなんです。
体は痩せてしまったけど、お顔だけは痩せてなくて
まんまるお顔のマグのまま。

1時半過ぎに母と妹が突然、マグに会いに来てくれた。
父が会ってやっておいでと言ってくれたらしい。
2時には出発と思っていたので本当に奇跡。
最後にマグに会わせてあげられて本当に良かった。
時間があるなら一緒に行くかい?と聞くと行きたいとの事で
4人で火葬場へ・・・
4人でお骨を拾って無事に家に戻ってきました。

2日から9日間、本当にマグは頑張りました。
でもあの苦しさと空腹から開放され
やっと楽になれたんだ。って自分に言い聞かせています。

それにしても1/11って1並び、
わん!わん!わん!でわんこの日なんだもん。
マグ、旅立つ時まで『かっけぇ~よっ!!!』

それに昨日は天候が荒れる事無く快晴。
今日は朝から猛吹雪・・・
きっとちゃんと日にちを選んで旅立っていったのね。
マグ、『かっけぇ~よっ!!!』

生後、半年で我が家にやってきたマグ。
友人夫妻がいなかったら絶対に出会えなかったマグ。
ドッグショーに参戦していきなりリザーブを取ったマグ。
たかちゃんをずっと指導し(笑)、素人ながら
ベストインショーを2回も取ったマグ。
やっぱり、マグ、『かっけぇ~よっ!!!』

友人夫妻と行ったキャンプではつゆを連れ立って
追いかける私達を『エヘヘ~っ』って顔して逃げたっけ(笑)
お船に乗って東京のドッグショーにも行ったっけ。
いっぱい旅したよね~

最後の数年は変形性脊椎症で後ろ足のふんばりが効かなくなっちゃったけど
それでも前足でいっぱいいっぱい移動してたもんね。
おそばの時だけはエアマグですごい要求してたな~

本当にショーが大好きな子で
本当にとても優しい優しすぎる子で
本当に人間が大好きで甘えっこで
本当に頭がいい賢い子で
本当に可愛い可愛いマグでした。

あまりにもマグとの14年の毎日がとても濃かったから
ぽっかりあいた穴がとてつもなく大きすぎる。。。
今はマグの写真を見るのもまだ辛い。。。
立ち直るにはまだまだ時間がかかりそうです。

でも我が家にはつゆペコといてくれるので
日常のお世話がありそれで救われています。

マグはいなくなってしまったけれど、
やっぱり我が家はマグ家に変わりありません。

そしてお願いです。
たまにでかまいませんので、マグこうだったよな~って
思い出してあげてください。
きっとマグ、喜びます。

今まで14年間、応援そして可愛がってくださったみなさま、
本当に心からお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

マグ・・・
いまでも大好き♪
我が家に来てくれて、楽しい時間をいっぱいくれて
いろんなことをいっぱい教えてくれて本当ありがとうね。。。
たかちゃんと私がそっちに行った時、
どうぞ、私達を見つけて迎えに来てね。
寂しくてしょうがないけど絶対にまた会えるから
さよならじゃなくて
またね・・・
スポンサーサイト

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

★masumi★

Author:★masumi★
★マグナム 享年14歳
1999年12月1日生~2014年1月11日
★つゆ   享年14歳
2002年11月1日生~2017年5月30日
★ペコ   享年13歳
2005年2月2日生~2018年3月13日

☆本館
Winning Shot
http://www.winning-shot.jp/

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索

おすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。